催眠術にかかりやすい人の特徴

催眠術にかかりやすい人の特徴には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。まず第一に、自己暗示にかかりやすい人が挙げられます。そう考えていると現実にそのように反応してしまう人がかかりやすいといえるでしょう。次に、あまり自分というものをしっかり持っていない人がかかりやすいでしょう。例えば、自分がこれから何をしたいのか、何をしていきたいのか、これからどうしていきたいのかなど、自分の意見をはっきり持っていない人がかかりやすい傾向にあります。また、自分に対して、自信があまりない人が、かかりやすいという傾向もあります。いつも自分に対しての自己評価が低く、「自分なんて」というような言葉が口癖の人がかかりやすいとい傾向があります。いずれにしても、自分に自信があり、自我をしっかり持っていれば催眠術にかかることも少ないでしょう。

催眠で潜在意識にアプローチ

本当に心が満たされる為には、物質だけでは不十分ですよね。環境に恵まれていたとしても、何か物足りなさを感じる事はよくあります。自分が求めているものが何かはっきりしていれば解決への道筋もたてられますが、無意識の部分なので中々分かりません。心理学でも、人は目的に向かって行動する、という説があります。こうしたいという目的が先にあって、それを達成するべく行動しているという訳です。やりたくない事に時間を無駄に使うよりも、やりたいことに向けて突き進んでいる方が、心身両面に良い影響を与える事は容易に想像できます。無意識の部分、いわゆる潜在意識をうまく引き出すことができれば更に充実した人生が開けるかもしれません。潜在意識へのアプローチ法の一つとして催眠があります。TVで見かけるショー的な方ではなく、心理療法的な方です。心の大部分を占めていると言われる潜在意識がどうなっているのか、気になりますよね。

催眠作用がある飲み物

黒酢も赤ワインも体に良いと言うことは知られています。この二つを合わせて黒酢赤ワインにすれば相乗効果が得られ、より健康に良い飲み物になるでしょう。そんな黒酢赤ワインですが、実は催眠作用もあります。とくに、温めて飲むとより安眠効果が得られるでしょう。これらについて、知っている人はほとんどいません。催眠作用があると言われると、少し怪しいイメージを抱く人もいるでしょう。しかし、催眠術のようなことを言っているのではありません。飲むことで眠りにつきやすくなると言うことです。なぜ、温かい黒酢赤ワインを飲むと、ぐっすり眠れるようになるのでしょうか。温めると、黒酢と赤ワインの血行促進作用が高まります。血行が良くなれば、当然眠りにもつきやすくなるわけです。とは言え、アルコールですから飲みすぎには注意しましょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.