催眠の自然治癒力の促進

催眠は健康的な日常生活をしていくために欠かせない要素があり、深いリラクゼーションは高い治癒力があります。眠りの自然治癒力の促進させるためには、リラックスやリラクゼーションした状態になる必要があります。催眠療法はやすらぎ感や安心感などをもたらして、休息や静養などを実現させてくれます。精神的にいやされていくためには心を安静に保つのが基本となっています。精神的に満たされるとしても、目には見えないことから自分にさえも判断が難しいところです。リラックスやリラクゼーションをしているのかは、快適な睡眠ができるのかで判断も可能です。心理臨床においても、自然治癒力の需要が高まり、リラクゼーションが深まっていくことで、心身に備わっている自己治癒力が働いてきます。自然治癒力の促進によって快適な催眠が実現されます。

自己催眠ができるリラックスした状態

自己催眠は作為的に作り出した精神状態のほかにも、高い集中力を導いてくれます。この状態は体がリラックスした心理状態であり、眠りの際にも有効な手段といえます。自己が眠りやすい状態に導くことで、考え方を変化させたり、自分の求める生活習慣を作り出します。自分の睡眠を自己管理が行えるようになり眠る時間がずれても不眠を避けられるようになって便利です。自分の体の緊張がほぐせるところもメリットがあるところであり、日常のストレスを軽減できます。自己催眠ができるリラックスした状態を導くためには、着心地のよい服を着ることに始まります。気が散る服装はなるべく排除していきます。また、自分が快適だと感じる室温を作ります。部屋が暖かいなら薄着をしていき、寒かったら毛布やセーターを着ておきます。こうした服装からも自己催眠ができるリラックスした状態に導けます。

心地がよい自己催眠の準備

リラックスした状態を実現させるために心地がよい自己催眠の準備が必要になります。準備として、居心地がよい温度と静かな部屋で、椅子やソファーなどに座ります。この際には本当に寝てしまわないように心がけます。座っている時は違って眠くなってしまうことがあるからです。べットなどに横になってしまうと眠くなるので注意が求められます。また、脚を組んだり体の一部をひねらないようにすることも大切になります。自己催眠の準備は、一定の体勢を長く続けることでもあるので、居心地が悪くならずに心地よく座れる体勢をしておきます。1時間ほどの時間が最低でもかかることから、気が散らないようにします。ペットや子供がいる際には邪魔をされたら効果が減少するために気をつけます。さらに自宅の電話や携帯電話の電源を切り、部屋に閉じこもれる環境を作ります。こうした準備をして心地がよい自己催眠の準備を完了させます。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.